福岡県久留米市から全国のみなさまへ
心を込めてお送りいたします♪

SHINDO WINES シンドーワインズ  ASAHA RED 2022 Blend 5

SHINDO WINES シンドーワインズ  ASAHA RED 2022 Blend 5

販売価格: 2,691円(税別)

(税込: 2,960円)

在庫数 5点

商品詳細

2023年11月11日 Release開始!!

-SHINDO WINES -

ASAHA RED 2022 Blend 5

福岡県うきは市産 巨峰100%使用。

マセラシオン時のピジャージュは果皮をつぶさないように、ゆっくりと優しく一日一回毎日行いました。揮発酸を出さないよう、ピジャージュ作業後はタンク内の二酸化炭素の量に気を付けて、発酵終盤ももろみの表面が酸素に触れないように徹底しました。

11日間のマセラシオン後、バスケットプレスでゆっくりプレスを行いステンレスタンクで発酵、アンフォラで熟成を行いました。総発酵期間は約1ヶ月。約5か月間のアンフォラ熟成後、ステンレスタンクで熟成していた同じくうきは市産巨峰100%使用の赤ワイン(マセラシオン5日間)と約1:1でブレンドし、2023年4月21日に瓶詰を行いました。

巨峰の赤ワインらしい「ライトな味わい」をブレンドの際の基準にしました。

瓶詰までに2度の滓引きを行い、瓶詰前のブレンド時に30ppmの亜硫酸塩を使用しています。使用理由は酸化防止ではなく、ph値が高いことによっておこる可能性のある瓶内での微生物による変質を抑制するためです。

※野生酵母使用。無添加・無清澄。補糖・補酸も一切行っておりません。

 

☆ASAMAの名前に込められた想い☆

 江戸時代後期の約220年前より朝倉の地で酒造りを行ってきました。酒造りの技術は脈々と杜氏から蔵人へと受け継がれております。ワインは原材料こそ違えど、同じ醸造酒。日本酒造りの技術の多くは、同様にワイン造りにも通じます。

2022年にSHINDO WINESで使用したブドウは全量、朝倉市の隣町である福岡県うきは市産です。うきは市は別名フルーツの町ともいわれており、一年中フルーツが栽培され、ブドウ、特に巨峰は全国に先駆けて60年以上前から多く栽培されています。

”うきはのブドウを使って、江戸時代より培われた醸造技術で朝倉でワインを造る”

筑後川を挟んで位置するそんな二つの地域を表現するワインを造りたいと思い、朝倉市とうきは市をつなぐ橋「朝羽大橋」より『アサハ』の名前をいただき商品名にいたしました。

 

ラベルデザインについて

ASAHAシリーズのラベルテーマは夏の象徴「雷」。

雷はエネルギーの源です。エネルギッシュな若手ワインメーカー、活気あふれる街・福岡、笑顔あふれる飲み手。

古来より雷は農業と密接した関係があります。化学技術が発達する近年まで、植物の成長に必要な栄養素・窒素は一部の植物を除いて生成できませんでした。「雷が落ちると稲がよく育つ」と農耕民族である日本人は古代から「稲妻」として雷を神聖なものとして崇めていました。神社で見かける「紙垂(しで)」もその一例です。

”自然の恵みに感謝し、自然と共に醸し、生きていきたい”

このような思いを込めて、雷をイメージしたデザインとなっております。

商品仕様

製造者 SHINDO WINES
製造者住所 福岡県朝倉市比良松185
種別 果実酒
原材料 ぶどう(福岡県うきは市産)、酸化防止剤
ぶどう品種 巨峰
ヴィンテージ 2022
アルコール度数 10%
容量 760ml
備考 クール便推奨

他の写真