角谷文治郎商店 三州三河みりん 1800ml

角谷文治郎商店 三州三河みりん 1800ml

販売価格: 2,320円(税別)

(税込価格: 2,552円)

在庫数 在庫あり
数量:

【角谷文治郎商店様HPより】

国産もち米を使用した良質な甘味とコク。

昔ながらの伝統製法で造られる本みりん

 

国産もち米と米麹、自家製本格焼酎だけを用い、昔ながらの伝統製法で造られる本みりんです。

まろやかなコク、さらっとキレる上品な甘味は飲めるほどにおいしく、まるでもち米のリキュール。本物の美味しさを持つ本みりんは、素材の持ち味を引き立て、一度使うと手放せなくなります。

  • 賞味期限 製造日より1年
  • 保存上の注意 常温保存

 

商品仕様

生産者 角谷文治郎商店
生産地 愛知県
種別 本みりん
原材料 もち米(佐賀県、北海道、愛知県)・米こうじ(愛知県産米)・本格焼酎(愛知県産米・自社港本町蔵製)
容量 1800ml
度数 13.5%
備考 エキス分:43度以上

他の写真

  • 自然の原料を自然が育む

    本来の「みりん」の原料は、もち米、米麹、本格焼酎のみ。蒸したもち米と米麹を焼酎といっしょに仕込み、搾って、長期間の醸造熟成を経た後に、みりんになります。 もち米のおいしさを、醸造という日本伝統の技で引き出したのがみりんなのです。 アルコール度数は14度前後で、酒税法上では酒類として分類されます。 まろやかな深い甘みが特長で、飲んでおいしいみりんこそ、調味料にも最適な本物のみりんだと言えるでしょう。

    現在では、伝統的製法と工業的製法の2種類の製法がありますが、角谷文治郎商店の「本格仕込み三州三河みりん」は、伝統的製法を採用。 より自然な栽培方法の原料を使用し、昔ながらの蔵の中で、素材の持ち味を大切に醸しています。



    ◇伝統的製法
    /日本の伝統的な製法です。上質なもち米を原料に使用し、和釜で蒸煮。仕込み後のみりんもろみを長期糖化熟成します。 みりん本来の製法で、乙類焼酎(米焼酎)を用います。醸造・熟成期間は2年がかりです。

    ◇工業的製法
    /戦後から行われるようになった工業的な製法です。加圧蒸煮や高温液化などの処理を施して、短期間ででんぷんやたんぱくの利用率を増します。乙類焼酎ではなく、ホワイトリカーなどの甲類焼酎を用います。醸造・熟成期間は40日から60日ほどです。


角谷文治郎商店 三州三河みりん 1800ml

販売価格: 2,320円(税別)

(税込価格: 2,552円)

在庫数 在庫あり
数量:

Facebookコメント