福岡県久留米市から全国のみなさまへ
心を込めてお送りいたします♪

薫長 KUNCHO NEXT 純米吟醸 雄町 生 (冷蔵) 720ml

薫長 KUNCHO NEXT 純米吟醸 雄町 生 (冷蔵) 720ml

販売価格: 1,500円(税別)

(税込: 1,650円)

★★★クール便(冷蔵)代が必要になります。

在庫数 在庫あり
数量:

商品詳細

薫長ブランド 100年を超えた今、次世代(NEXT)に向けて新たな酒造りに挑戦

酒造好適米 雄町 を使用した純米吟醸 生酒です。

酵母が生きているため、いつまでも続くフレッシュな香りとふくよかな味わいが特徴です。

おすすめの飲用温度は、花冷え(10度程度)です。

 

クンチョウ酒造さんのご紹介です

九州のほぼ真ん中に位置する大分県日田市。盆地で冬は底冷えしますが、この気温こそが酒造りに適した環境です。
日田の中心地に位置する豆田町に、クンチョウ酒造の酒蔵があります。
豆田町は江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領」と呼ばれ、各地から人々が訪れ賑わう町でした。今もなお歴史を感じる古い建物や町並みが残り、多くの観光客が訪れています。

 現在、クンチョウ酒造では酒造り歴40年以上のベテラン杜氏を中心とした5名の蔵人によって酒造りを行っています。

酒造りは、ボタンを押して完成するような機械的なものではありません。
酒造りの技術は財産であり、伝統です。

長い間、蔵元は酒造りに直接関わらず、杜氏に酒造りを任せていました。
しかし時代の移り変わりによって、現在では「杜氏に任せきりではなく、蔵元に酒造りのノウハウを残し、次の世代に繋いでいかなければならない」という流れに変わりました。
積極的に酒造りに関わり、技術を継承しようと奮起する蔵元が増えています。

 

 酒の原料の中でも、「米」はよそから仕入れられても、「水」を仕入れることはできません。日田は自然に囲まれ「水郷日田」と呼ばれ、豊かな水資源に恵まれている土地です。日田の豊富で良質な水を求め、日本を代表する酒類・飲料メーカーの工場が数多く集まっています。

クンチョウ酒造は敷地内に130mの井戸を掘り、深い地下から汲み上げた英彦山系伏流水を使用しています。天然のフィルターを通ってろ過された水はミネラルたっぷり。自然の恵みを利用し、美味しい酒造りを行っています。

商品仕様

生産者 クンチョウ酒造 株式会社
生産地 大分県日田市豆田町
原料米 雄町100%
精米歩合 60%
備考 要冷蔵商品です。自動的にクール代が追加されます。
アルコール度数 17度
容量 720ml

他の写真