若竹屋・柴刈/若竹屋酒造場

初代若竹屋伝兵衛が蔵を開いて14代、筑後地方では最も古い日本酒蔵元。家訓に「若竹屋は先祖より受け継ぎし商いにあらず、子孫より預かりしものなり」とあり、周囲の自然環境や技術、商いのあり方や地域とのつながりは総て「自然な、正しい姿」で次世代へと還してゆくもの、という哲学が伝えられる。先代蔵元は工学博士であり、科学的なアプローチと300年の歴史が育んだ哲学が一体となった独創的な酒を造り続けています。
34